インプラント治療の期間と流れ

バナー

インプラント治療の期間と流れ

インプラントとは何らかの理由で失ってしまった歯の部分に、人工の歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせるといった、歯の治療方法です。

インプラントの治療には一般的に3ヶ月から1年の期間がかかるとされています。

横浜のインプラントにはこちらのサイトが最適です。

口腔内の状況や本数などに個人差があり、治療を行うためには口腔内検査やレントゲン撮影などと言った精密検査や診断を受ける必要があります。

それから人工の歯根とあごの骨を埋め込む手術を行い、あごの骨と人工の歯根をしっかりと結合させるための期間を置きます。
手術は局部麻酔で行われますし、入院などの必要もありません。


この定着期間に3ヶ月から半年ほどの期間が必要となるため、インプラントの治療には時間がかかってしまうのです。
その後、二次手術で人口の歯を取り付ける支柱を装着し、歯茎の状態が良くなるまで1週間から6週間ほど期間を置きます。

歯茎の状態が良いと判断されたら、型をとって人工の歯を作り、出来上がった人工の歯を支柱に取り付けます。


インプラント治療後は口の中をいつも清潔に保つことが大切です。
そのため治療後にはブラッシング方法や口腔内のケア方法などの指導が行われます。この指導に従って、毎日の口腔内のケアをしっかりと行うようにすることが大切です。

仙台のインプラントに関しての情報を紹介しているサイトです。

また半年に1度など、定期的に検診を受けるようにしてインプラントや人口の歯の状態、かみ合わせなどを確認してもらうことも大切です。

最高の教えてgooといえばこちらです。

そうすることで、健康な歯を長い期間維持していくことができるようになります。

Copyright (C) 2015 インプラント治療の期間と流れ All Rights Reserved.